認知症って?コミュニティデザインって?

~こまつ認知症ケアコミュニティマイスター養成講座4回目~

デンマークから介護士のラワーセンいつみさん、コミュニティデザイナーの西上ありささんをお迎えしての一日。

認知症って何?

デンマークで介護士をしているいつみさんから、
同じ作業でも本人にとって合う作業量というものがあること。それを知ることで本人の表情や行動が変わることを知りました。また、「あきらめない介護」による変化をまざまざと目にして考えを新たにしました。
さっそく翌日から実践しています!

コミュニティデザインって何?

コミュニティデザインを手がけている西上さんから、
受講生に問いかけながらワークしながら、自分事化、地域づくりについて学ばせていただきました。リーダーは貫壁な人よりも、他の人たちが協力したくなる “大きな穴の開いた風呂敷のような人が一番向いている”という言葉が印象に残りました。