排泄ケアについて考えました

今回の小松市認知症ケアコミュニティマイスター養成講座は、認知症と排泄ケアのお話でした。

排尿編、排便編、ICFを使った事例検討までを丸一日で一気にやりました。認知症の方のパートナーとして、ご本人の不安をなくすこと、ストレスをなくすこと、自立をする手助けをすることが大切です。丹野さんに教えていただいた大切なことを具体的に実践にうつしていきます!

 

※次回の一般公開講座は、8月11日です!
鈴木森夫さん(認知症の人と家族の会代表理事)による認知症介護の変遷(過去・現在・未来)についてです。
※詳細な内容と申し込み用紙は、こちらをクリックして印刷してください。